10年目で外壁リフォーム

家の外壁は5年も経てばよりよい資材が多く出てきます。家を長く使いたいなら外壁のリフォームは欠かせません。早めの処置をすると壁も長く持ちその結果家も長く持つことができます。11年前に新築の建売物件を購入しました。一戸建てなので住みはじめてすぐオール電化、エコキュート、太陽光パネルを勧める営業さんがチラホラ来るようになり、5年程経った頃から外壁塗り替えの業者さんまで来るようになりました。しかし、まだ10年にも満たない新築の家という気持ちで外壁の塗り替えどころか何のリフォームも全く考えていませんでした。玄関まで出て話を聞くことも何度もありました。はじめに築何年位経っているかを聞かれまだ5年です、と答えまだ何も考えていないと返答すると、何年後かの為に名刺を受け取ってくださいと言われそれだけで終わりました。 昨年10年を迎え、リフォーム会社の対応も変わりました。色々なメリットを持ち出し今施工して頂くとお得ですよ、と何度も聞かされるとこちらの気持ちも動いてきます。主人の休みの日にあわせ詳しい話を聞くことになりました。家を1周し、今の外壁塗料は7.8年で塗り替えが必要でそろそろヒビ割れや変色が目立ってきています。早めの塗り替える方が家が長持ちします。と話も上手で主人も私もうなずき外壁リフォームを決意しました。

無理のない返済計画

条件にある程度の幅を持たせて探していくならば、ほどなくしてほぼ満足できる物件に出会えます。購入を決断する際には、返済計画も丁寧に考えなくてはなりません。毎月の返済が厳しくなりすぎて、毎日の生活が楽しめなくなってしまってはもったいないからです。

Copyright ©All rights reserved.素敵な賃貸マンションの不動産.